【ロングテールSEO】出会い系やマッチングアプリへの登録率を上げる

【ロングテールSEO】出会い系やマッチングアプリへの登録率を上げる SEO

出会い系アフィリエイトとロングテールSEOの関係を知りたい人

そもそもロングテールSEOってよく分かりません。出会い系アフィリエイトでも重要なことなのでしょうか?分かりやすく教えてほしいです。

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系と出会い系アフィリエイトを始めて、月平均10~20万程度をコンスタントに稼ぐサラリーマン副業アフィリエイターです。

MAX時は本業の月収を超えたこともあります。

ロングテールSEOって言葉はネット上でよく見かけます。

理解しているようで、何となくモヤモヤしている人も多いのではないでしょうか?

更には出会い系ジャンルにおけるロングテールSEOってどうやればいいのか知りたい人も多いはずです。

基本的にはどのジャンルでもやることは同じですが、泥臭くめんどくさい作業の連続です。

しかも、今日対策した効果が明日表れるわけではありませんからモチベーションを維持するのも大変です。

そんなあなたのために、この記事ではロングテールSEOの基本、上位表示とコンバージョン率(CVR)に関して説明します。

初心者にも必須な知識ですからよく理解してください。

出会い系やマッチングアプリに関するロングテールSEOとは

出会い系やマッチングアプリに関するロングテールSEOとは

そもそもロングテールSEOとは

ロングテールSEOをひと言で説明すると以下になります。

大量のロングテールキーワード(スモールキーワード)で集客しコンバージョン率を上げる施策

イメージを持ってもらうために、出会い系ジャンルに関連するビッグキーワードとロングテールキーワードの例を挙げます。

ビッグキーワード

「出会い」「恋愛」「結婚」「恋人」「不倫」

ロングテールキーワード(スモールキーワード)

「出会い系 おすすめ 格安」「マッチングアプリ 料金 比較」「ハッピーメール 業者 評判」「ペアーズ(Pairs) 女性 東京 人数」

このようにロングテールキーワードは複数後からなる細かな検索キーワードのことですね。

ビッグキーワードとロングテールキーワードの特徴

ビッグキーワードとロングテールキーワードのそれぞれの特色は以下のとおりです。

ワード数 検索数 上位表示 CVR
ビック 少ない 多い 難しい 低い
ロング ほぼ無限 少ない 簡単 高い

ビッグキーワードの特徴

表のとおりでして、ワード数は少ないものの検索数は非常に多いです。

先に挙げた例の月間検索ボリュームをキーワードプランナーで調べると以下となります。

  • 出会い:10万~100万
  • 恋愛:1万~10万
  • 結婚:1万~10万
  • 恋人:1万~10万
  • 不倫:10万~100万

企業も参入しており競合ひしめく世界ですから上位表示は非常に難しいです。

一方で、CVRは低いです。

なぜなら、例えば「出会い」で検索するユーザーは、必ずしも女性との恋愛を目的とした出会いを探しているとは限らないからです。

よって、出会い系への登録率(CVR)は低くなります。

ロングテールキーワードの特徴

ビッグキーワードの特徴の対極になります。

2語以上のキーワードからなり、その組み合わせは無限にあるといっても過言ではありません。

しかし、それぞれの検索数は非常に少なく、ビッグキーワードに比べると比較的上位表示は簡単です。

出会い系利用のモチベーションが高いユーザーほど複数キーワードで検索し詳細を調べます。

つまり、CVRは高くなるなるということです。

全検索数のうちロングテールキーワードが占める割合は80%

以下のグラフはロングテールキーワードを説明する場合に多く用いられます。

long-tail-seo

ビッグキーワードは検索回数は多いものの、全体に占める割合は20%程度だといわれています。

つまり、残りの80%がロングテールキーワードですから、そのユーザーを取り込む対策が非常に重要であることが分かります。

初心者はロングテールキーワードを狙わざるを得ない

出会い系ジャンルのビッグキーワードで検索してみてください。

1ページ目に表示されるサイトのほとんどは企業運営サイトです。

個人のアフィリエイトサイトが勝負できる世界ではありません。

1ページ目が無理でも2ページ目、3ページ目を狙えば稼げるか?

2ページ目以降でも検索ボリュームが半端ないのでそれなりに集客できるのでは?と考える人もいると思います。

私も考えました。

しかし、結論からいうと2ページ目に表示させることも難しいですし、できたとしても想像よりも稼げません。

なぜなら、先にも述べた通り、ビッグキーワードのユーザーは出会い系登録のモチベーションが必ずしも高くないからです。

多くのロングテールキーワードを狙うのが個人の戦略です

一番効率の良い戦略は、できるだけ多くのロングテールキーワードで集客することです。

とはいえ「出会い系 おすすめ」のような複合キーワードでも1ページ目表示は難しいです。

なので「出会い系 おすすめ 40代」や「ハッピーメール 東京都 女性 人数」のようなロングテールキーワードを地道に拾っていくのが正解です。

ロングテールキーワードの選定方法は以下の「【SEOの基本】出会い系アフィリエイトのキーワード選定手順の説明」を参照ください。

【SEOの基本】出会い系アフィリエイトのキーワード選定手順の説明
出会い系アフィリエイトで稼ぎたい人 出会い系アフィリエイトを始めてみましたが、どのようなキーワードを狙って記事を書いて良いのか分かりません。稼げるキーワードなど誰も教えてくれないと思うので、キーワード選定の方法が知...

また、キーワードに紐づく記事の書き方は以下の「出会い系アフィリエイトの記事構成【SEO視点の記事設計と書き方】」で説明しています。

出会い系アフィリエイトの記事構成【SEO視点の記事設計と書き方】
出会い系アフィリエイトで稼ぎたい人 出会い系アフィリエイトで上位表示させるための記事の書き方ってありますか?体験談とか書いてますがなかなか上位表示されません。 このような疑問にお答えします。 私...

ロングテールキーワードのCVRはどの程度?

ロングテールキーワードのCVRはどの程度?

出会い系アフィリエイトにおけるCVRがどの程度なのかは気になると思います。

ググっても一般的な平均数値はあるものの、出会い系に限った数値はなかなかヒットしません。

あくまでも私の場合ですが以下のとおりです。

一般 商標
ビッグ 不明 6%
ロング 5% 8%

一般ビッグキーワードとは「出会い」や「恋愛」などですが、私自身1ページ目や2ページ目に表示できたことがないため不明です。

商標ビッグキーワードとは「ハッピーメール」や「ペアーズ(Pairs)」などです。

一般ロングテールキーワードとは「出会い 30代 男性」などです。

商標ロングテールキーワードとは「ハッピーメール 東京 30代 男性」などです。

この結果からも分かるとおり、商標ロングテールキーワードが一番効率よく稼げます。

指名買いのようなものですから、CVRが高くなるのは必然ですね。

以下のように、商標キーワードでの平均CVRは7~9%といわれてますから、私の場合はちょうど平均値です。

キーワード別の購入率(CVR)の目安《河井大志アフィリ論35》
キーワード別のCVRの目安をご紹介します。約100万PVを誇るサイトを運営している河井氏のサイトで上位表示されているキーワードを 「一般キーワード」「ジャンルキーワード」「商標キーワード」の3つに分類し、各キーワード別のCVR目安をご紹介します。

しかし、出会い系ジャンルはもっと高くできるはずだと根拠のない肌感覚を持ってますから、10%以上を目指したいと思っています。

ロングテールを拾うのは地味な作業です

ロングテールを拾うのは地味な作業です

冒頭でも述べましたがロングテールキーワードを拾うのは地味な作業で、即効性がありません。

ロングテールを狙った記事を書き続けても、本当に集客できるの?と不安になりやがてモチベーションが下がります。

しかし、個人のアフィリエイターが生き残るためには必須な施策ですからコツコツと積み重ねましょう。

最後に、ロングテールキーワードを攻略するための思考と行動を挙げて終わりたいと思います。

  • 思考①:1年後の稼いでいる自分に向けてがんばる
  • 思考②:常に読者軸で思考する
  • 行動①:マメに検索クエリを把握する(想定外のキーワードで成約します)
  • 行動②:ロングテールキーワードを狙った読者のための記事を書く

今回は以上です。