【重要】出会い系マッチングアプリにおけるサクラの見分け方【簡単です】

【重要】出会い系マッチングアプリにおけるサクラの見分け方【簡単です】 出会い系ノウハウ

出会い系やマッチングアプリでサクラにダマされたくない人

ちょっとエロそうなマッチングアプリを利用していますがなかなか女性と出会えません。会う約束をしてもいつもドタキャンされてしまいます。すごい美人なので絶対に会いたいのですが、もしかしてサクラなんでしょか?

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系を始めて、年間平均10名の女性と出会っています。

セックスまでできるのは3~5名程度ですが満足しています。

その昔、出会い系サイトにはたくさんのサクラが存在し、世の中の出会い系サイトの95%はサクラしかいない時代もあったほどです。

しかし、今となっては懐かしい思い出?となりました。

時は流れ、サクラ満開ボッタクリサイトは淘汰され、スマホの普及によりネットでの出会いはマッチングアプリへ移行しつつあります。

歴史は繰り返すものでして、数あるマッチングアプリの中にはサクラ満開マッチングアプリも少なくありません。

相変わらずサクラの手口は変わらないのですが、ダマされないための知識とサクラの見分け方に関して説明したいと思います。

出会い系マッチングアプリのサクラの実態

出会い系マッチングアプリのサクラの実態

あなたは出会い系マッチングアプリに出没するサクラを正確に理解しているでしょうか?

多くの人がサクラの定義を間違って理解している場合があります。

サクラと混同するものとして、業者とキャッシュバッカーが挙げられます。

ここでは、以下の3者に関して説明します。

  • サクラ
  • 業者
  • キャッシュバッカー

それぞれ説明します。

サクラ

サクラは、利用者に課金(ポイント消費)をさせることを目的に、出会い系マッチングアプリの運営者が雇って活動させています。

求人誌等にはメールレディー募集のような内容で掲載されている場合が多く、女性はもちろん男性でもサクラとなって稼ぐことができます。

要はサクラのアルバイトが存在するということです。

作業場所は運営者が準備した場所で作業する場合もあれば、自宅等のリモート環境で作業することもできます。

現在では自分のスマホやPCで作業することが多いようです。

サクラとしての対応マニュアルが存在し、利用者の男性の下心をくすぐりつつその気にさせてメッセージ交換を重ね、たくさん課金してもらうことを目的とした業務となります。

バイト代も出来高制の場合が多く、利用者の男性の消費金額に比例して報酬も多くなる場合や、男性からメッセージ受信1通につき50円などのように受信メッセージ数によって報酬が決まる場合もあります。

説明するまでもありませんが、サクラとは100%会えることはありません。

業者

業者とは、出会い系マッチングアプリの運営者とは全く関係のない人物が利用している男女をターゲットに様々な勧誘を行います。

代表的な業者は以下のとおりです。

  • 援デリ業者
  • 他出会い系アプリへの誘導業者
  • デート商法業者
  • その他業者

それぞれ説明します。

援デリ業者

ハッピーメールPCMAXなどの大手メジャーポイント制サイトに多く出没している業者です。

援デリ業者は出会い系マッチングアプリにおける業者の代名詞といっていいほど多く存在しています。

風俗業者が出会い系マッチングアプリで客を取り、売れないデリヘル嬢を向かわせるシステムです。

なので、利用男性がアプリでメッセージ交換しているのはデリヘル嬢本人ではなく、スタッフでほとんどの場合は男性です。

メッセージ交換中に「ホ別いちご」のような隠語によって交渉し、交渉成立すると待ち合わせ場所を決めデリヘル嬢と合流してそのままホテルへ直行します。

サクラと違い、確実に会えますが売れない風俗嬢ですからプロフ写真とは全く別人の化け物のような女性が登場することも少なくありません。

また、テレビでよくやる警察24時系のスペシャル番組でもときどき取り上げられたりもしています。

利用男性は逮捕されることはありませんが(相手女性が未成年でなければ)事情聴取されお金を支払って本番行為をしたことをしゃべらされます。

他出会い系アプリへの誘導業者

援デリ業者に次いで多いのが誘導業者です。

出会い系アプリ内でメッセージ交換中にLINE IDやメールアドレスを知らせてきて「直接連絡ください」と利用男性を誘います。

ほとんどの男性は早い段階で直接連絡を取り合いたいと思っているため、その心理を利用し言葉巧みに直接連絡へ持ち込むのが特徴です。

LINE等でメッセージ交換が始まると、男心と下半身をくすぐる内容でメッセージが送られてきて男性をその気にさせ、数回のメッセージ交換後、適当な理由を付けて悪質なアプリや出会い系への登録を促してくるのがパターンです。

誘導業者は誘導先の出会い系アプリから見るとサクラとなります。

ここが一番分かりにくいのですが、例えば、ハッピーメールに出没する誘導業者はハッピーメールのサクラではありません。

あくまでも利用者なだけです。

つまり、誘導先の悪質な出会い系アプリのサクラが、ハッピーメールを利用して自分の出会い系アプリへ勧誘するという流れになります。

援デリ業者同様にハッピーメール等の大手メジャーポイント制出会い系サイトに多く存在します。

デート商法業者

デート商法業者は、出会い系やマッチングアプリで男性をターゲットにして高額な物品を購入させる手口です。

購入させる物品はアクセサリー、毛皮、絵画、不動産など様々ですが、比較的多いのがアクセサリー類です。

デート商法業者の女性の職業はジュエリーデザイナーで、自分がデザインしたものなので買ってほしいなどと催促するのがよくあるパターンです。

デート商法自体は古くからあり、出会い系マッチングアプリ以外でも婚活パーティーや合コン、街中でのアンケート等でターゲットを探します。

いずれの場合も、女性は美人で出会い系マッチングアプリでは会うことに積極的なメッセージ交換をして比較的短期間で会うことができます。

会ってからは、男性の下心をくすぐりつつ言葉巧みに物品の購入を迫ります。

悪質な場合は、店員とグルとなり店内の一室で複数人で囲い長時間拘束し強引に購入させる場合もあるようです。

援デリ業者や他アプリへの誘導業者よりも遭遇する確率は圧倒的に低いですが注意が必要です。

その他業者

先に説明した業者以外にも様々な業者が存在します。

マルチ商法への勧誘、宗教への勧誘、美人局(つつもたせ)などです。

これらは個人で活動している場合が多く、デート商法業者と同様に出会い系マッチングアプリ以外でも遭遇する可能性のある業者です。

マルチ商法への勧誘や宗教への勧誘は、身近な友人などから勧誘されたことのある人も多いのではないでしょうか?

話しはそれますが、マルチ商法は絶対に儲からない仕組みになってますから、セミナーや勉強会に行っても決してその気にならないでください。

美人局(つつもたせ)に関しては古典的な手口にも関わらず時々ニュースにもなりいまだに存在しているようです。

男性のエロ心とバレたくないという保身の心理と恐怖心を巧みに利用した古典的な手口ですが、ほとんどの男性は泣き寝入りしていると思われます。

とはいえ、出会い系マッチングアプリで遭遇する可能性は極めて低いためさほど心配する必要はありません。

キャッシュバッカー

キャッシュバッカーやポイントゲッターなどと呼ばれます。

ハッピーメールPCMAXなど、大手メジャーポイント制サイトでは女性の活動を促進するためにキャッシュバックシステムを導入している場合が多いです。

キャッシュバックとは、男性とのメッセージ交換や掲示板への投稿でポイントが付与され、貯まったポイントを金品へ交換できるシステムです。

本来の目的は女性の活動を促進し男性のポイント購入を促すことですが、キャッシュバッカーは金品への交換のみを目的としており男性にとっては決して出会えない女性となります。

とはいえ、キャッシュバックは苦労の割にはさほど稼げないため女性はすぐにあきらめてしまいます。

キャッシュバッカーの厄介なところは、利用男性にとってはサクラと何ら変わらないことです。

サクラと同様に、女性はキャッシュバック目的で積極的に男性とメッセージ交換するものの決して会うことはありません。

サクラとの違いは、運営者が雇っているか否かだけです。

ネット上のポイント制サイトへの口コミ等で、キャッシュバッカーをサクラだと表現している書き込みをよく見かけます。

定額制の出会い系マッチングアプリではキャッシュバックシステムを導入している場合が少ないため基本的にはキャッシュバッカーは存在しません。

ポイント制出会い系サイトを利用する際に注意が必要です。

サクラのいない出会い系マッチングアプリを利用すること

サクラのいない出会い系マッチングアプリを利用すること

そもそもサクラにダマされないためには、サクラがいない出会い系マッチングアプリを利用することです。

幸いにも現在は昔のようにサクラのいない出会い系を探すことは容易な状況です。

出会い系サイトの場合、サクラ満開ボッタクリサイトは淘汰され、悪質なサイトを見つける方が逆に難し状況です。

マッチングアプリに関しては出会い系サイトが世の中に広まった時代と同様に、多くのサクラ満開ボッタクリアプリが存在します。

しかし、昨今の婚活ブームと定番アプリの普及によりダマされる人は多くありません。

参考までに出会い系サイトやマッチングアプリの各時代での状況を紹介します。

なお、サクラのいない出会い系サイトやマッチングアプリはこのページの最後に書いた「サクラのいない出会い系マッチングアプリの紹介」を参照ください。

  • 2000年代~2010年代前半までの状況
  • 2010年代後半以降の状況

2000年代~2010年代前半までの状況

1999年2月のNTTドコモによるiモードサービスの開始によって携帯電話からネットに接続しWebサイトを閲覧することが可能になりました。

これにより、多くのWebメディアが携帯向けサイトを公開し爆発的に閲覧されるようになりました。

その中でも出会い系サイトは無数に乱立し、そのほとんど、おそらく95%以上はサクラ満開ボッタクリサイトという状況で、一般女性が登録している本物の出会い系サイトを探すのは極めて難しい状況でした。

このような状況の中、まだ世の中には口コミなどの情報も少なく、多くの男性がダマされました。

中にはサクラ相手に数百万もの大金を注ぎ込み破産する男性もいたようです。

このような状況の中、2008年7月初代iPhoneが日本で発売され、アプリをインストールして利用する新たなサービスが登場したのです。

その後、様々なアプリがリリースされましたが、出会い系アプリもたくさんリリースされるようになりました。

しかし、そのほとんどは出会い系サイトと同様にサクラ満開ボッタクリアプリの状況でした。

2010年代後半以降の状況

2010年代に入ると、サクラ満開ボッタクリ出会い系サイトは徐々に淘汰され始めました。

その理由はスマートフォンの普及により悪質な出会い系の情報が簡単に調べられるようになったからです。

これまで散々ダマされた男性や、初めて出会い系サイトを利用する男性はネット上で口コミ等の情報を得られるようになったため、悪質な出会い系サイトは急速にその姿を消していったのです。

現在では、ハッピーメールをはじめとする大手メジャーポイント制サイトとラブサーチ等の定額制出会い系など数えるほどの出会い系サイトに淘汰されている状況です。

また、出会い系アプリに関しては現時点でもサクラ満開ボッタクリアプリが存在します。

しかし、恋活婚活ブームによりペアーズ(Pairs)ウィズ(With)を代表とするマッチングアプリのジャンルが台頭し、サクラ満開ボッタクリアプリにダマされる男性は少ない状況です。

このように2000年代初頭のサクラ満開ボッタクリサイトが横行していた時代に比べると、出会い系サイトやマッチングアプリは非常に健全な運営がされており、利用者の男女共に安心して利用できる環境となりました。

これは非常に歓迎すべき状況だといえます。

サクラの典型的な特徴と見分け方

サクラの典型的な特徴と見分け方

先に説明した通り、サクラが存在する出会い系サイトやマッチングアプリに遭遇する可能性は低い状況ではありますが、サクラの特徴とその見分け方を説明したいと思います。

なお、ここで説明する内容はキャッシュバッカーの特徴と見分け方としても応用可能ですから、ハッピーメール等のポイント制サイト利用時に参考にしてください。

サクラの特徴

サクラの特徴は以下のとおりです。

  • プロフ写真が美人
  • 最初のメッセージ内容は比較的長文
  • メッセージ内容がエロい
  • なかなか会う約束をしてくれない
  • メッセージでの会話が微妙にかみ合わない
  • 会う約束の直前にドタキャンする

上記の内容は典型的なサクラの特徴でほぼ全て当てはまると考えて問題ありません。

サクラは会う約束ができても必ず直前になってドタキャンしてきます。

その理由もよくよく考えるとあり得ないものばかり。

「家の階段から落ちてケガした」だの「交通事故にあった」だの「母親が倒れた」だの...

慣れていない男性はこの理由をバカ正直に信じてしまい、ポイントを注ぎ込みひたすら会話を継続してしまいます。

サクラの見分け方

次にサクラの見分け方ですが、これは先に説明した特徴を多く満たしているほどサクラだと判断することができます。

難しいのは、どの程度該当しているかを判断することです。

こればかりは、言葉で説明するのは難しく経験を積んで肌感覚で理解する必要があります。

ポイントだけ説明すると、超絶美人なプロフ写真だけならもしかしたら本当に美人な一般女性かもしれません。

一般女性とサクラの決定的な違いは、メッセージ内に男心やエロ心をくすぐる内容が含まれるか否かです。

普通に考えれば理解できますが、一般女性が出会い系に登録しているどこの誰だか知らない男性に対して、エロい内容や積極的に会いたがる内容は絶対に書きません。

長い期間メッセージ交換を重ねれば多少の下ネタもあり得ますが、最初の数回のメッセージ交換ではあり得ません。

ここを判断ポイントとすることで高い確率でサクラを見分けることができます。

あとは、先に説明したとおり経験を積むことで比較的簡単に見分けることができるようになります。

とはいえ、いまどき一般女性とサクラが混在する出会い系マッチングアプリなど存在しませんから、1人でもサクラならそのアプリやサイトは100%サクラだといえます。

このような状況ですから、このページの最後に紹介する出会い系マッチングアプリを素直に利用することで、サクラは存在しませんから安心して利用できます。

サクラにダマされるとどうなるか

サクラにダマされるとどうなるか

サクラにダマされると以下のダメージがあります。

  • 金銭的なダメージ
  • 精神的なダメージ

それぞれ説明します。

金銭的なダメージ

説明するまでもありませんが、サクラ相手にメッセージ交換を重ねるということはポイントを購入し続けるということになります。

しかも、法外な料金設定がされておりメッセージ1通につき数百円などのようなボッタクリ価格となっています。

数万円単位であっという間にポイント消費してしまい、気が付くとクレジット引き落としが数万円や数十万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが、中には数百万もの大金を注ぎ込み自己破産する男性も存在します。

メッセージ1通は数百円なので感覚がマヒし、まだ大丈夫という心理になりますが、気が付いたときには手遅れな状態になります。

精神的なダメージ

金銭的なダメージに加えて精神的なダメージも大きいです。

期待と股間を膨らましながらメッセージ交換していたにも関わらず、サクラだと分かった場合のショックの大きさは相当なものです。

初心者ほどダマされるため、もう2度と出会い系など利用しないという心境になってしまいます。

さらに、金銭的なダメージも加わると、そのショックは計りしれません。

2000年代初頭のサクラ満開ボッタクリサイトが横行していた時代は、数百万もの大金を注ぎ込むことも決して珍しいことではありませんでした。

現在ではここまでひどい状況になることは少ないかもしれませんが、十分に注意することが必要です。

サクラのいない出会い系マッチングアプリの紹介

サクラのいない出会い系マッチングアプリの紹介

現在は出会い系マッチングアプリ業界を取り巻く環境は非常に恵まれたものとなっており、サクラ満開ボッタクリアプリを利用する方が難しいほどです。

サクラがいないのはもちろんですが、実際に一般女性が多く登録して本当に出会える出会い系サイトとマッチングアプリを以下に紹介します。

サクラのいない出会い系サイト

サクラのいない出会い系サイトは以下のとおりです。

それぞれ簡単に紹介します。

ハッピーメール(ポイント制)

ハッピーメールは、業界最大手のポイント制出会い系サイトです。

その知名度の高さから他の追随を許さない圧倒的な数の利用者が登録しています。

登録女性で一番多い年齢層は20代ですが、知名度の高さとポイント制とう理由から、援デリ業者も多く活動しています。

20代の女性では半数以上が援デリ業者の状況ですが、確実に一般女性も利用しているのは間違いありません。

援デリ業者を回避しつつ、根気良く利用すれば確実に出会えるといっても過言ではありません。

PCMAX(ポイント制)

ハッピーメールに次ぐ知名度を誇るポイント制出会い系サイトです。

残念ながらPCMAXも援デリ業者の温床になっていますが、一般女性も多く登録しています。

ややアダルト色の強いサイトコンセプトになっていますが、メッセージ交換の序盤で下ネタを振ると女性から引かれます。

セックスすることを目的として登録している一般女性などほとんどいませんから、そこをカン違いせずに活動することが重要です。

ラブサーチ(定額制)

ラブサーチは定額制出会い系サイトの老舗的な存在です。

2001年、サクラ満開ボッタクリサイトが横行している時代にサービス開始した当時では珍しい定額制の先駆けのサイトです。

2001年9月発行の情報誌DIMEに「本物出会い系サイト9選」として選出されたことで爆発的に利用者が増えました。

ラブサーチの最大の魅力は既婚者も登録可能であることです。

サイトコンセプトは真面目に恋活婚活を目的としていますが、同時に既婚者の出会いも歓迎しています。

このような理由から、女性登録者の半数以上は人妻という状況です。

しかし、最近はこの後に説明するマッチングアプリに利用者が流れてしまい、地方では女性登録者が少ない状況になっています。

それでも、首都圏や地方都市でしたら活動するのに十分な人数の女性が登録していますから出会いやすいサイトといえます。

サクラのいないマッチングアプリ

サクラのいないマッチングアプリは以下のとおりです。

それぞれ簡単に紹介します。

ペアーズ(定額制)

ペアーズ(Pairs)は、マッチングアプリの代名詞といえるほどのメジャーなアプリです。

Facebookや口コミを中心に女性の間で広まり、恋活婚活するならペアーズ(Pairs)といわれるほど知名度が高いです。

女性の写真掲載率は90%以上で、比較的美人が多いといわれています。

私個人的にはいうほど美人が多い印象はないですが、それでも他の出会い系やアプリに比べると女性の質は高いと感じます。

ペアーズ(Pairs)で恋活婚活することがトレンドになっているといっても過言ではありません。

With(定額制)

ペアーズ(Pairs)と同様に女性の間で知名度を高めているアプリです。

ウィズ(With)の最大の特徴は、メンタリストのDaigoが監修した「心理学や統計学」をもとに相性診断できるサービスがあることです。

そのため女性ウケは非常に良く、ペアーズ(Pairs)に比べて登録女性の年齢層が若いことも特徴の1つです。

お金に余裕があれば、ペアーズ(Pairs)と共に同時利用することで飛躍的に成果が出るようになります。

マリッシュ(定額制)

マリッシュはバツイチ女性が多く登録しているのが特徴のアプリです。

もちろん、独身女性も登録していますが半数以上はバツイチ女性の状況です。

コンセプトはやや婚活よりなため、真剣に再婚相手を探している女性が多く、どの女性も真剣度がプロフィールから伝わってきます。

とはいえ、決して堅苦しいわけではありませんから最初は軽い気持ちで利用して大丈夫です。

バツイチにこだわりがなければ非常にマッチング率が高いアプリだといえます。

特に、男性は高収入で収入証明書を画像提出すると収入証明書提出済みマークがプロフィールに表示されるため、女性からの「いいね!」がたくさんもらえます。

モテない男性ほどサクラだ!と騒ぎます

モテない男性ほどサクラだ!と騒ぎます

出会い系マッチングアプリにおけるサクラの見分け方の説明をしました。

既に説明しましたが、現在は出会い系サイトに関してはサクラの存在するサイトを探すほうが難しい状況です。

また、マッチングアプリに関してもメジャーなアプリを利用すればサクラ満開アプリに遭遇する可能性は極めて低いといえます。

一般女性とマッチングしメッセージ交換を経て、実際に出会うことは簡単ではありません。

それを理解しないまま利用する男性は、なかなかマッチングしなかったり、メッセージ交換しても会えなかったりするとすぐに「サクラだ!」と騒ぎ立て口コミサイトなどに掲載することがあります。

しかし、マッチングしないのは男性に魅力がないのが理由でして、また、メッセージ交換しても途中で途切れてしまうのもメッセージ交換がつまらないと女性が感じるからでして...

何が言いたいかというと、モテない男性ほどすぐに「サクラだ!」などと騒いで自分のせいだと気付かないということです。

これでは、いつまでたっても彼女もできませんし結婚もできません。

ネットでの出会いとはいえ、リアルな出会いと変わりませんから女性はあなたのことをよーく見ています。

そのことを良く理解し対策しつつ活動することが理想の女性と出会う一番の近道だといえます。

今回は以上です。