ブサメンでもマッチングアプリで出会えますか?【苦戦するが...】

ブサメンでもマッチングアプリで出会えますか?【苦戦するが...】 ノウハウ

マッチングアプリで女性と出会いたいブサメン男子

僕はルックスが良いほうではありません。いわゆるブサメンです。ですから、女性にモテたことはなく今まで彼女を作るのは簡単ではありませんでした。出会い系やマッチングアプリはたくさんの女性が登録しているので、彼女ができる可能性が高くなると思いますが、僕のようなブサメンでも出会えるでしょうか?

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系を始めて、年間平均10名の女性と出会っています。

セックスまでできるのは3~5名程度ですが満足しています。

出会い系やマッチングアプリで女性と出会いやすいのは高スペックなイケメン男性なのは紛れもない事実です。

これはリアルでも同じでして、ネットの場合だと最初はどうしても写真で判断せざるを得ませんから、イケメンほど出会いやすいのはリアルよりも顕著になるといえます。

とはいえ、世の中の男性で高スペックなイケメンなど極少数でしかなく、ほとんどの男性は普通かブサメンに分類されるのが実情です。

女性の場合は、化粧やファッションである程度は美人に見せることができますし、そのように努力している女性が多いです。

しかし、男性は女性ほど努力しませんからブサメンの割合は決して少なくありません。

私も決してイケメンではないものの、冒頭で述べたとおり年間で10名前後の女性と出会うことができています。

これから、出会い系やマッチングアプリの利用を検討しているブサメンのあなた、心配することはありません。

決して簡単ではありませんが、十分に出会える可能性はあります。

このページでは、ブサメンでも出会い系やマッチングアプリで出会える理由と、それに関連する情報を説明したいと思います。

【結論】苦戦するがブサメンでも出会えます

【結論】苦戦するがブサメンでも出会えます

いきなり結論からいいますが、ブサメンでも出会うことはできます。

事実、決してイケメンではない私が出会えてるわけですから...

私がここで「出会えます!」といったところであまり信憑性が高まりませんから、客観的な視点での理由を説明します。

以下のとおりです。

  • 理由①:登録女性が多いから
  • 理由②:女性は男性ほど容姿を気にしないから
  • 理由③:ルックス以外でもアピールできるから

理由①:登録女性が多いから

たくさんの女性に「いいね!」や「申し込みメッセージ」を送れば送るほどマッチングする可能性は高まります。

確率論の問題でして、ある意味必然なことです。

リアルな世界では、アプローチできる対象の女性の人数は限られています。

街中で無差別にナンパしたとしても、その人数なんてたかが知れています。

出会い系やマッチングアプリの場合、メジャーなアプリだと自分の活動エリア内で数千人が登録してますから、その中でマッチングする可能性はリアルな世界の比ではありません。

東京など大都市圏ともなると数万人の女性が登録しています。

もちろん、全員がアクティブに活動しているわけではありませんが、それを差し引いたとしても十分な恋人候補が登録しているのです。

しかも、彼女たちの目的はあなたと同じ恋人や結婚相手探しですから、これほど効率の良い出会いの場所はありません。

女性が多いということは、ブサメンが出会うための必須条件だといえます。

理由②:女性は男性ほど容姿を気にしないから

これは、昔からある程度は認識されていることです。

男性は女性の容姿(ルックス、身長、体重)で「いいね!」するか否かを判断する場合がほとんどです。

一方で、女性は100%容姿で判断していません。

もちろん、容姿で判断する割合も大きいですが、自己PRや雰囲気も加味して判断する場合が多いからです。

これを裏付けるように、プロフィールに「男性の見た目はあまり気にしません」と明記している女性も少なくないからです。

とはいえ、写真から不潔な印象やその女性にとって生理的に受け入れられない印象を持たれると、いくら容姿は気にしないといえども次元が違う話ですから注意が必要です。

あくまでも、最低限の身だしなみや誠実な写真であることが条件となります。

不潔そうな印象の写真はもちろんNGですが、上半身裸の筋肉自慢やキメ顔、奇抜なファッション、強面、などなど...このような写真にほとんどの女性は引きます。

このあたりのポイントを踏まえつつ、正しい写真を掲載すればブサイクでも十分にチャンスがあるわけです。

理由③:ルックス以外でもアピールできるから

先に説明したとおり、女性がマッチングするか否かの判断材料は決して写真だけではありません。

繰り返しますが、もちろん判断材料としての写真の割合は大きいものの、それ以外の内容を加味して最終的な判断をします。

具体的には以下の要素です。

  • 年収、年齢、身長、体重
  • 自己PR文
  • プロフィール充実度

特に年収に関しては、重要視されます。

婚活目的の女性ほど年収は重要でして、そのウエイトはルックスよりも高いかもしれません。

また、年齢、身長、体重、これらも全体の雰囲気を把握するためによく見られます。

もっとも、男性も女性のルックス以外に身長体重は重要視しますが、それと同じです。

さらに、自己PR文は非常に重要でして、未記入などは論外です。

きちんとした内容で、誠実さと優しさが伝わるような内容でないとスルーされます。

また、プロフィールにはたくさんの項目を記入できますが、未記入が多い男性も敬遠されがちです。

これらのことから、ブサメンでも写真以外の項目で十分にアピールすることができますから、マッチングしてもらえる可能性を高めることができるわけです。

【悲報】とはいえブサメンは苦戦します

【悲報】とはいえブサメンは苦戦します

ブサメンでも出会い系やマッチングアプリで出会うことができる理由は先に説明したとおりですが...とはいえ、簡単に出会うことはできません。

残念ではありますが、これが現実ですから受け入れましょう。

私は受け入れつつ活動しています...

あらためてブサメンが苦戦する理由は以下のとおりです。

 

  • 理由①:最初はプロフ写真で判断するから
  • 理由②:女性慣れしてないから

 

それぞれ説明します。

理由①:最初はプロフ写真で判断するから

出会い系サイトやマッチングアプリの仕組み上どうしても仕方のないことです。

マッチングするか否かやメッセージ返信するか否かを判断する大きな要素としてプロフィール写真で判断するのは男女共に同じです。

女性は男性ほど容姿は気にしないという説明を先にしましたが、とはいえ、大きな判断材料であることは変わりありません。

ですから、イケメンとブサメンではどちらが出会いやすいか?と問われれば、間違いなくイケメンの方が出会いやすいです...となります。

これは、出会い系やマッチングアプリに限ったことではなく、リアルな世界でもそうであるように、ネットだとより顕著になるということです。

ブサメンはマッチングや返信メッセージを簡単にはもらえないという認識は持っておいてください。

理由②:女性慣れしてないから

女性との恋愛経験が少ないブサメンは、女性とのコミュニケーションに慣れていません。

せっかくマッチングしても、その後のメッセージ交換中に女性が音信不通となり結局会えないことはブサメンのあるあるです。

女性も最初はプロフ写真で判断をすることは説明したとおりですが、その後のメッセージ交換の内容も会う会わないを判断する大きな要因となります。

メッセージ交換中に相手がどのような人かを判断するのは、なにも女性だけではありません。

男性もメッセージ交換中に女性に対して違和感を感じたり、つまらない印象を持ったり、会いたいモチベーションが下がることはよくあります。

女性は男性以上にそのあたりの感覚を大切にしており、ちょっと違いうな...と思われたら途端に返信はもらえなくなります。

その証拠に、女性が男性と会うまでのスタンスは、メッセージ交換を重ねてから会うか否かを判断すると考えている女性が大半です。

男性はマッチングしたらできるだけ早い段階でとりあえず会いたいと考えるのとは対照的であることを認識することが重要です。

出会えない理由はルックスだけではありません

出会えない理由はルックスだけではありません

これまでルックスにフォーカスして出会えるか否かの説明をしましたが、当然ですが女性は会うか否かを判断するのはルックスだけではありません。

ここでは「ルックス=顔」として説明してきましたが、プロフ写真の顔以外の要素も非常に重要でして、出会えない理由として大きく関連します。

具体的には以下の理由になります。

 

  • 理由①:スタイルが悪いから
  • 理由②:センスが悪いから
  • 理由③:プロフィールが致命的にイケてないから

 

理由①:スタイルが悪いから

ある程度ルックスが良くても身体全体のスタイルが悪いと女性は良い印象を持ちません。

例えば、猫背、ガニ股、O脚、短足、デブ、などです。

プロフィールに掲載する写真は顔だけでなく、これらの部分も注意することが非常に重要です。

顔写真のみを掲載する男性も多いですが、逆に考えると全体のスタイル、シルエットが分かる写真も積極的に掲載すべきです。

もちろんそれらの写真は先に挙げた悪い例のようにしないでください。

ブサイクな男性ほどこのような部分に気を使えない傾向がありますから注意が必要です。

理由②:センスが悪いから

ルックスがよく、スタイルもよい、しかし、洋服や小物のセンスが悪いとやはり女性とマッチングすることは難しくなります。

たまにいるようですが、筋肉自慢をしたいのか上半身裸の写真を掲載したり、どうしようもなくセンスの悪い服装だったり、また、一部の人にしか支持されないこだわりの強い服装などもNGです。

決してずば抜けたセンスを求めているわけではありませんが、ひと目で違和感を覚えるようなスタイルは避けたほうがよいです。

多くの女性に良い印象を持ってもらうのであれば、清潔感がありシンプルなスタイルが無難です。

スタイルと同様に、ブサメン男性は洋服のセンスが悪い傾向がありますから注意が必要です。

理由③:プロフィールが致命的にイケてないから

この理由は、ルックスの良し悪しには直接関係ありません。

しかし、女性に出会えない大きな原因としてプロフィールが致命的にイケてないことが挙げられます。

項目をすべて記入するのはいうまでもありませんが、自己紹介は一番重要であり、この内容次第で女性とマッチングできる確率は大きく変わるといっても過言ではありません。

何度もいいますが、女性は男性以上にプロフィールをよく見ています。

自分の性格や雰囲気が具体的にイメージできるような内容にすることと、決してネガティブな内容を書かないでください。

例えば、ブサイク男性は「ルックスに自信がありませんが...」のようなフレーズを書きたくなるかもしれませんが、決して良い印象を与えません。

余計なことは書かず、ポジティブな内容にすることが重要です。

マッチング後はイケメンもブサメンも変わりない

マッチング後はイケメンもブサメンも変わりない

繰り返しですが、出会い系やマッチングアプリはその仕組みの性格上どうしてもブサメンは苦戦します。

何十人に「いいね!」してもなかなかマッチングできませんし、申し込みメッセージへの返信もなかなかもらえません。

最初のハードルはイケメンよりも高いものの、マッチング後のメッセージ交換から実際に会うまでのプロセスにおいてはイケメンもブサメンも大きな差はありません。

なぜなら、女性は男性の考え方や性格などの内面を見ようとするからです。

ですから、実際に会えるか否かはマッチングのメッセージ交換の内容次第だといえます。

このように、ブサメンだからといって最初から諦める必要はまったくありませんから、積極的にマッチングアプリや出会い系サイトを利用することをおすすめします。

もちろん、理想の女性と出会うための努力と工夫は忘れてはいけません。

今回は以上です。