【記事が書けない!】必ず遭遇するスランプとの付き合い方【脱出方法】

【記事が書けない!】必ず遭遇するスランプとの付き合い方【脱出方法】 知識

スランプでなかなか記事が書けない人

記事を書くのが苦痛です。調子のいい時はスラスラと書けるのですが、スランプに陥るとまったく書けなくなってしまいます。このままでは、100記事書けないまま挫折しそうです。スランプからの脱出方法ありませんかね?

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系と出会い系アフィリエイトを始めて、月平均10~20万程度をコンスタントに稼ぐサラリーマン副業アフィリエイターです。

MAX時は本業の月収を超えたこともあります。

アフィリエイトを実践している人なら必ずスランプは訪れます。

こればかりは避けて通れませんから、上手にスランプと付き合いつつ早期に脱出することが大切です。

私が実践しているスランプの脱出方法を紹介します。

私が実践しているスランプ脱出方法

私が実践しているスランプ脱出方法

私が実践しているスランプ脱出方法は以下の3つです。

  • 方法①:できる作業をする
  • 方法②:作業をゼロにしない
  • 方法③:自分の経験を振り返る

それぞれ説明します。

方法①:できる作業をする

私の場合、スランプにも程度がありまして、概ね以下の感じです。

  • 大スランプ:記事ファイルをエディタで開く気力すらない
  • 中スランプ:記事を書き始めてもまったくキーボードが進まない
  • 小スランプ:記事は書けるものの、ひどい内容でイライラする

大スランプの時は、記事作成はやめて他にできる作業をするようにしています。

大スランプの時はパソコン開くことさえできないくらいモチベーションが下がっていますが、とりあえず電源入れてログインしてできる作業のみやるようにしています。

できる作業とは具体的には以下です。

  • アイキャッチ画像集め
  • 画像圧縮
  • デザイン変更

要は、あまり頭を使わない作業です。

早い話が、大スランプのときは記事作成をあきらめるってことですね。

また、中スランプや小スランプはとりあえず記事を書こうというモチベーションはある状態ですから、書けない記事に固執しないようにしています。

「この内容は書けない!」と感じたら別の記事ネタを書くようにします。

とはいえ、別の記事ネタに切り替えるためには、ある程度のネタをストックしておく必要があります。

パソコンに向かってからネタを考えるのは非常に消耗しますから、普段からネタを探す習慣を身に付けると良いです。

方法②:作業をゼロにしない

スランプ中に作業量をゼロにすると、さらにひどいスランプに陥ります。

これは私だけかもしれませんが、スランプ中に今日の作業をゼロにすると、高い確率で明日の作業もゼロになります。

作業ゼロの日が1日、2日、3日...と続くと、記事を書くモチベーションがゼロどころかマイナスとなり、パソコンの前に座るのさえ苦痛に感じるようになります。

ですから、どんなにスランプの時でも作業はゼロにしないようにしています。

方法①で挙げた単純作業でも構いませんし、ネタ探しでもOKです。

ネタ探しは頭の中だけで考えるのではなく、必ずエディタに書き出してください。

考えるだけでは作業になりませんから、必ず手を動かすようにします。

精神的に病むほどのスランプでない限り、物理的な作業だけはゼロにしないようにしています。

方法③:自分の経験を振り返る

出会い系アフィリエイトの記事でも、様々な切り口があります。

体験談、評価、ランキング...などなど。

スランプの時はあなたの知識で書ける分野の記事を書く方が楽です。

極端な例かもしれませんが、1度も利用したことのない出会い系やマッチングアプリのレビュー記事を書こうと思っても書けるはずがありません。

書けたとしても、どこかネット上のレビュー記事をパクったような内容となり、読者からもGoogleからも評価されない低品質な記事となってしまいます。

ですから、スランプの時ほど過去の自分の経験を振り返り、整理して楽に書けるネタを考えます。

自分の過去の経験を記事にしてもニーズなんてあるのか?と疑問に思うかもしれません。

安心してください。

あなたの出会い系での経験は、これから利用しようとしている人にとっては貴重な情報なのです。

あなたが初めて出会い系やマッチングアプリを利用した時のことを思い返してください。

その時の自分に向けて記事を書くことが、スランプから抜け出すきっかけになることはよくあることです。

記事を楽に書くテクニックはあります

そもそも、記事を書くためのテクニックを身に付けているとスランプになりにくいといえます。

初心者ほど、記事設計をしないで思いつくまま記事を書き始めようとしますが、辛くなるに決まっています。

楽に記事を書く本質は、記事構成のパターンを持つということです。

パターンに沿って目次と概要を決め、それから肉付けをする...これができるようになるとビックリするほど楽に記事を書けるようになります。

より詳しい方法は以下にまとめましたので参考にしてください。

まずは100記事書け!とはいうものの...

まずは100記事書け!とはいうものの...

ネット上のアフィリエイト指南サイトでは「とりあえず100記事書きましょう!」とよくいわれています。

これに関しては私も賛成でして、私の他の記事でも同様なことを書いたことがあります。

100記事書いても稼げる保証はありません

カン違いしてほしくないのが、100記事書いても必ずしも稼げるようにはならないということです。

100記事は稼げる可能性があるか否かを判断する通過点でしかありません。

99%の人は100記事書けずにあきらめてしまいますから、100記事書けた人はこの先稼げる可能性があります!よかったですね!ってことなのです。

スランプなんて当たり前に遭遇します

100記事書くのは想像以上に苦しい作業です。

最初はたったの数記事で大スランプに遭遇します。

2005年から出会い系アフィリエイトを始めた私でも、いまだにスランプに遭遇します。

10記事に1回とか、1週間に1回とか、そんな頻度で「あぁ、記事書くのめんどうだなぁ...書きたくねぇなぁ~」って思います。

出会い系アフィリエイトは究極的なめんどくさい作業の連続で、スランプなんて当たり前ですからそれを受け入れるのが大切です。

記事数と収入は必ずしも比例しません

まずは100記事書け!に話題を戻しますが、繰り返しですが100記事書いたからといって稼げる保証などありません。

例えば、200記事書いて50万稼げるとします。

この前提で、知ってほしい感覚は以下です。

  • 100記事:収入ゼロ
  • 150記事:1万円
  • 170記事:3万円
  • 190記事:5万円
  • 200記事:50万円

よく、アフィリエイトの収入は指数関数曲線を描くといいますが、その通りなのです。

上の例は190記事と200記事の間で爆発的に収入が増えますが、この記事数は人によって異なります。

文字通り100記事で100万の人もいれば、500記事で100万の人もいます。

幸いにも、出会い系ジャンルは報酬単価が高いので、他ジャンルに比べると爆発する記事数は少なめではありますが...

それでも、100記事程度で大きく稼げるとは思わない方がいいです。

スランプ克服方法の補足

スランプ克服方法の補足

冒頭で私が実施しているスランプ克服法を説明しましたが、少し補足します。

時給換算しないこと

アフィリエイト作業を時給換算しないでください。

計算すると絶望します。

と言いつつ、計算式を書いちゃいますが...

前提は以下とします。

  • 100記事で月10万円稼げる
  • 1記事あたり3時間
100,000円 ÷(3時間 × 100記事)≒ 333円

時給たったの333円です。

しかも、10万達成する期間は数ヶ月とか1年以上も普通です。

普通ならこんな効率の悪いビジネスやろうと思わないですよね。

エロと金のパワーに勝るものはない

時給333円とはいえ、これは、ゼロから始めて10万に到達するまでの総時間での計算です。

コンスタントに月10万稼げるようになったら話しは変わってきます。

例えば以下のとおりです。

  • 月5記事更新で10万円
  • 1記事あたり3時間
100,000円 ÷(3時間 × 5記事)≒ 6,666円

なんと、時給6,000円以上です。

コンスタントに稼げるようになれば、寝ている間もあなたの記事が稼いでくれます。

こんなに美味しいビジネスはありません。

しかも、出会い系やマッチングアプリで女性と出会い、美味しい思いもできます。

それが体験となり、記事ネタとなります。

エロいことができて、その体験で金が稼げる...これ以上モチベーションの上がることがあるでしょうか?

私が出会い系アフィリエイトを継続できるモチベーションはエロと金のためです。

ゲスいですが本質です。

今回は以上ですが、継続させるための手段を以下にまとめましたので参考にしてください。

出会い系アフィリエイトを継続させる簡単な手段【下心と習慣化】
出会い系アフィリエイトが継続できない人 サイトを立ち上げ50記事ほど書きましたがモチベーションが維持できず滞り気味です。稼ぐには継続が重要であるのは理解していますが作業が苦痛でしかたありません。継続するための良い手...