ラブサーチ活動報告(2018年)

ラブサーチ活動報告(2018年) マッチングアプリ

2018年4月ラブサーチ評価実績

4月は新年度の始まりの月、と同時に出会いの月でもあります。

言うまでもありませんが、入学、入社、等で新たな出会いが始まる月ですね。

そして、出会い系への登録者が最も多くなる月でもあるのです。

まさしくチャンスなタイミングであり、キングの出会い活動も活気が出てくる季節となりました!
そんな新年度の最初にご対面したのは、身長162cm、体重48kg、31歳のOLさんです。

なんと今回はメール交換を数回やり取りして、その日のうちに彼女のほうから食事でもどうですか?って誘ってきてくれました。

出会い系やっててこんな急展開はまず有り得ないのですが、長いこと出会い系やってるとたま~にあるんですよ。

年に1回とか2回程度。

メール始めた日に会うなんて警戒しないの?って気を使って聞いてみましたが、昼間だし人が多い街中なので心配はしてないとのこと...まぁ、確かにいきなり襲ったりはするはずもありませんが、それにちょうど休日の昼間だったからタイミングが良かったんですね。

全ての女性がこのノリだと楽なんですけどねぇ~。

すっごい警戒する女性も少なくないのですが、かえってあなた何のために出会い系やってるのって突っ込みたくなるような慎重派もいます。

あまりにもトントン拍子でコトが進むので、もしや美人局(ツツモタセ)?と少し疑いましたが、美人局に遭遇するなんて宝くじ当てるよりも確率低いし、仮にそうだとしても会って怪しいって思った時点で消えればいいだけですから...まぁ、その辺りは被害に合わない変な?自信はあります。

はい。

さて、今回の彼女はプロフ写真は載せているのですが、少し遠目からのアングルでハッキリと顔は分かりません。

シルエットを見る限りスタイルは悪くありません。

少々ルックス悪くても、まぁ、キングの好みのお尻の持ち主ならいいかってノリで会いました(キングは尻フェチです)増してや彼女のほうから当日にお誘いして頂いてる訳ですから、紳士なキングが断るはずがありません。

彼女は出先からメールしてるようで、ちょうどキングの最寄り駅の沿線にいました。

しかし、休日で完全に引きこもり状態のキングは出かける準備をするまで少々時間がかかるため、彼女には申し訳ないけど1時間後に待ち合わせの約束をしました。

1時間後だとさすがに断られちゃうかなぁ...と思いましたが、優しい彼女は二つ返事でOKしてくれました。

急いでシャワーを浴び(一応チンチンは入念に洗いつつ)待ち合わせ場所へ急ぎました。

約束の時間5分前に到着。

クールな顔で待っていると、彼女からメールが。

10分ほど遅れるとのこと。

まぁ、よくあることです。

彼女の服装は黒いパンツに黄色いカーディガンだそうです。

キングはプロフに奇跡の1枚を晒してるので彼女のほうは見つけられるはず。

キングはそれらしい女性から声をかけられるのを待つだけです。

ぼ~っと待つこと10分。

いよいよ彼女らしき女性が近づいてきました。

完全に目が合いお互い確信したところで、こんにちわ~の挨拶。

いつものことながらこの瞬間ってドキドキワクワク...やめられませんな。

が、しかし、そんなワクワク感とは裏腹にキングの思いはやってしまった感でいっぱいになりました。

想像とちが~うぅ!!!
確かにスタイルは悪くありません。

しかし、肝心のルックスが...残念です。

いつもある程度は覚悟してますし、想像以上、写真以上の女性が登場することなんてほとんどないこの世界。

今回はそのギャップがあまりにも大きいパターンです。

まぁ、彼女のほうから誘ってもらい、しかも、当日会いだったのでキングもいつものような冷静さを欠いていたのは確かかも。

その残念なルックスは、活字では表現が難しいですが、ひと言で言うなら大仏様のようなルックス?あれ?むか~し、このレポートで同じような表現したような。

まぁ、いいか。

とにかく大仏様顔ですから、ソソらないのですよ。

分かりますかね?チンチンがピクピクってしない感覚。

男性諸君なら分かりますよねぇ?
そんな思いを一瞬にして脳内を駆け巡り、紳士なキングは笑顔のまま「思った通り可愛いですねぇ~」って。

もう、職業病ですね。

自然と口から出てました。

性格は良さそうでノリも良い彼女ですから、純粋に会話を楽しもうと切り替えランチする店に向いました。

今となっては、1時間前にシャワーで入念にチンチン洗ったのが悲しくなると同時に虚しい気持ちでいっぱいです。

まぁ、こんなこともありますよ。

出会い系やってると、むしろこのパターンのほうが多いんですから。

このレポートは比較的成功例を選択して書いてますが、その裏ではそれ以上の失敗例があるのですよ。

他の出会い系情報サイトでも体験談系の記事はよくありますが、基本的には成功例ばかり...しかもほとんどは作り話なのです。

そりゃ、登録してもらいたいですから管理人としてはそうしますよ。

キングだって、同じです。

でもリアルでは、そうそう美人など登場することはありません。

それどころか、出会うのすら簡単ではありません。

出会い系でなかなか成果を出せない男性も多いと思います。

簡単ではありません。

しかし、出会えるのも事実です。

キングはちょいちょい言いますが、出会い系は、気長に、焦らず、根気良く続けるのが成功への近道ですね!

ラブサーチ解説はこちら...

2018年2月ラブサーチ評価実績

ラブサーチでご対面した女性とのメッセージ交換のスクリーンショット(一部)です。

最初のキングからの申し込みメールの日付を見てください。

昨年2017年11月に申し込みメールしています。

そして、返信があったのが今年2018年の2月です。

なんと4ヵ月後の返信...たまにあるんですよね、しばらく経ってからの返信。

でも、4ヶ月後は初めてのパターンです。

しばらっく経ってから返信する女性の心理は良く分かりませんが、おそらく、サイト放置状態でたまたま気が向いたときに覗いて返信してみたパターンか、あるいは、別にやり取りしている男性とうまくいかなかったので次点のキングに返信したか。

まぁ、そんなところでしょう。

どちらにせよ、返信もらえたからには全力でご対面まで突き進むまでです!
今回の彼女は38歳の人妻です。

プロフ写真には顔は写ってませんが、フィットネス中に撮ったと思われるスナップに見事なスタイルな彼女が写っていました。

女性は自分が一番きれいに撮れる自撮りテクニック持ってますから、いつものごとく実物は2割減程度には思っていましたが、それにしてもその年齢と子供一人いるとは思えないくらいのナイスなバディの持ち主です。

テンション上がらないわけがありません。

ルックスは会って見てのお楽しみです。

平日の会社帰りに某繁華街にあるビストロでご飯の約束ができました。

店の指定は彼女からしてきて、まぁまぁお高い店でしたが、いつものように初期投資だと思い割り切りです。

ここでケチると後日のお楽しみが水の泡になるのはこれまでの経験で十分に学習済み。

一方で、ご対面時に残念なルックスの場合はただのムダ金と消えるリスクももちろんあります。

このあたりは会う前に写真確認できるか否かで大きく変わります。

ただし、事前確認できたとしても、皆さん奇跡の1枚公開しますから期待半分でのぞむことが重要です。

ご対面当日の19時、待ち合わせ場所に5分ほど前に到着です。

数分もしないうちに彼女登場!冬の装いなので身体のスタイルは想像しかできませんが、スカートから覗く脚を見る限り、悪くない...そして肝心のルックスは...まぁ、これも悪くない。

想像していたよりもやや丸顔童顔な感じでしたが、人なつこそうな雰囲気に好感が持てます。

早速、予約済みの店へと急ぎます。

店に到着し、なかなか雰囲気も良く料理も美味しそう。

店員さんが席まで案内してくれ、上着を預かってくれます。

ふと彼女のほうを見ると、なんと!胸元が大きく開きオッパイの谷間が強調されたいでたちにキングの視線が釘付けになりました。

こりゃすごい!見事なオッパイ!プロフ写真はウソではありませんでした。

思わず「スタイル抜群ですね!」って言って褒めたら彼女もまんざらじゃない感じ。

あとは、尻フェチのキングにとっては腰のくびれとお尻の大きさが重要です。

こればかりは脱がしてみないと分かりません。

がぜんテンションが上がってきました。

さて、楽しい会話と美味しい料理、そして、美味しいお酒...キングはお酒弱いしワインも詳しくないので、ワインのチョイスは彼女にお任せ。

しかし、女性はワイン好きが多いですよねぇ。

彼女もお酒が回って更に人なつこい感じになり「もしや、このまま口説けるか...」とキングの下半身にも気合が入ってきました。

いろいろ会話して、旦那には男性が感じられず仲は良いもののすでにセックスレス、外で束縛のない彼氏を探すためにサイトに登録したそうです。

これまで、何人かと会ってみたそうですが、ケチだったり、会話が致命的につまらなかったりで散々なご対面だったそうです。

そんな中でキングと会ってみて、良くも悪くも最後にしようと思い今日にのぞんだそうです。

でもって、今のところ、キングは彼女のタイプで喜んでいただけたようです。

よかった、よかった。

そして、いつものキングの質問です。

「惚れやすいタイプ?それとも男性をじっくり見極めるタイプ?」この質問で早い時期に口説けるか否かが大体分かります。

投資対効果で考えると、言うまでもなく惚れやすいタイプの女性の方が早い段階で回収できますからねぇ。

さらに質問を続けます。

「今まで付き合った彼氏とは出会ってから付き合うまでにどの程度の期間だった?」
この期間によっても今後も投資を継続するか否かの重要な判断材料になります。

これまでの経験から3ヶ月以内なら投資価値あり。

それ以上だと投資しないと決めています。

時々、半年とか1年の間は男性を見極めるって言うしょうもない女性がいますが、そのようなタイプはよほどの美人でもない限り2回目のご対面はないですねぇ...とは言え、彼女からも気に入られないと成り立ちませんから、必ずしも一方的に都合よく話は進みません。

このあたりの見極めと言いますか、探りを入れるが出会い系での初対面での醍醐味です。

少なくともキングはこの時間が何よりも好きなんですね。

どうしようもない男です...
2時間ほど楽しい時間を過ごし、店を出ました。

「今日はこのまま帰宅かな」と思いつつ歩いていると、なんと彼女から「もし時間があれば、この後お茶でもどう?」と嬉しいお誘いです。

心の中でガッツポーズ!今日はある程度まで距離を縮められるかも!すかさず、近くにあるちょっと薄暗くソファー席が充実してプライベート感のあるカフェに直行です。

そこで彼女は更にワインを飲み直し。

キングもハイボールで口直し。

ソファー席だから2人の距離もグッと近くなり、会話の端々でボディータッチもできるようになりました。

「これ、もうちょっと攻められるかも...」むふふっなエロ心に火が付き、自然な感じで彼女の太ももに手を乗せスリスリしてみました。

嫌がるかなぁ~と思いつつ、彼女はまんざらでもない感じ!これはイケる!他愛もない会話をしつつ、テーブルの下で彼女のスカートの中にゆっくりキングの手を滑り込ませてみました。

彼女の表情は...軽く目を閉じエロい顔でキングを見ています。

更に手を滑り込ませ、ついには彼女のデルタゾーンに到達。

ご丁寧にも彼女少しだけ脚を広げてくれたではありませんか!パンストの上からですがクリちゃんを優しくツンツン、ナデナデ、してあげました。

こりゃたまらん!キングも大量のカウパー液が滴る感触が分かります。

と、なにやらキングの股間にムズムズした感触が!なんと、彼女の手がキングの股間を優しくスリスリしてくれてます。

ズボンの上からではありますが、なんともエロい!お互いのデルタゾーンを優しく愛撫しながら、周りの客と店員の眼を盗みつつ、軽いキッス。

いや~たまらんシュチュエーションです。

ピョンチャンオリンピック真っ只中!日本選手のメダルラッシュが続くこの時期に、キングの股間からも今までにない量のカウパー液がドクドクと放出され続けます。

新記録達成です!

ラブサーチ解説はこちら...