出会い系アフィリエイトで月3万円稼ぐ手段【10万も視野】

出会い系アフィリエイトで月3万円稼ぐ手段【10万も視野】 知識

出会い系アフィリエイト収入数千円で停滞している人

出会い系アフィリエイト始めて数カ月、月平均収入は0円~数千円くらい...こんな収入ではモチベーションが続かないかも。あと何ヶ月継続すれば収入が増えるんだろうか?せめて3万位は稼げるようになりたいんだけど、よい方法ありませんかね?

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系と出会い系アフィリエイトを始めて、月平均10~20万程度をコンスタントに稼ぐサラリーマン副業アフィリエイターです。

MAX時は本業の月収を超えたこともあります。

出会い系アフィリエイトを始めたものの半年経っても収入ゼロ。

月によっては4,000円とか8,000円とか単発で発生することもある状態の人はたくさんいます。

むしろ、誰しもが経験する通過点だといえます。

できるだけ早い時期に、せめて3万円程度の収入が得られるようになると継続のモチベーションがグッと上がります。

この記事では、出会い系アフィリエイトで月3万を早期に達成するための手段として以下を説明します。

  • 月3万円を達成するための手段2つと作業【分析です】
  • 月3万達成すると、月10万はすぐに見えます
  • 月30万を目指すならセールスライティングと継続が必須

2005年から出会い系アフィリエイトを継続している私が説明します。

月3万円を達成するための手段2つと作業【分析です】

月3万円を達成するための手段2つと作業【分析です】

以下2つを実施します。

  • 手段①:分析しアクセスと収益の高い記事を見つける
  • 手段②:狙っているキーワードで検索し上位サイトを見る

それぞれ、説明します。

手段①:分析しアクセスと収益の高い記事を見つける

数ヶ月継続するとそこそこのアクセスが発生していると思います。

もし、ほとんどアクセスが発生していない状態だとしたら、おそらく記事数が少ないのが原因ですから、まずは記事を量産しましょう。

記事毎のアクセス数はアナリティクスを見ればすぐに分かります。

もし、Googleアナリティクスを入れてない場合はすぐに導入してください。

また、アナリティクスは常にチェックしましょう。

そうすると、どの記事が読まれていて、どのページから出会い系やマッチングアプリに登録されているかが感覚でつかめるようになります。

記事毎のアクセス数を確認したら以下の手順で分析し改善します。

  • 分析:月間500PV以上の記事を洗い出す
  • 改善:洗い出した記事内容を視点を変え別記事を作成する

分析:月間500PV以上の記事を洗い出す

アナリティクスの「行動→サイトコンテンツ→すべてのページ」から調べることができます。

アナリティクスのページビュー数

なお、月間500PVの記事がまだない場合はこれから説明する作業をしてもあまり意味がありません。

記事が足りていないと思いますので、記事の量産に力を注いでください。

改善:洗い出した記事内容を視点を変え別記事を作成する

500PVの記事はあなたの意図した記事でしょうか?

おそらく、内部リンクをたくさんもらい、他の記事よりも内容が濃いページだと思います。

また、検索キーワードのボリュームが多いものがヒットしている場合もあります。

どちらにしても、読者への露出が多い記事ということですから、このテーマで視点を変えた記事を新たに作成します。

こうすることで、さらに読者が増え出会い系サイトやマッチングアプリへ登録してもら確率が高まります。

稼いでいるサイトは必ずこのような改善を繰り返しています。

それから、500PVの記事がLPでない場合は、必ずLPへの導線を設置することを忘れないでください。

これ、非常に重要です。

サイト構造の詳細は以下の「稼げる出会い系アフィリエイトのサイト構造とは?【図で説明】」にまとめましたので参照ください。

稼げる出会い系アフィリエイトのサイト構造とは?【図で説明】
出会い系アフィリエイトで稼ぎたい人 出会い系アフィリエイトを始めてみたものの、カテゴリとかLPとか内部リンクとか...良く分かりません。どのような構造にするとSEO的に良いのでしょうか?知りたいです。 ...

手段②:狙っているキーワードで検索し上位サイトを見る

狙ったキーワードで記事を書く前にライバルの記事を確認します。

実際に検索してみて1ページの記事を読んでみてください。

Googleから10位以内に評価されている記事ですから参考になることが多いです。

特に以下の2つを確認します。

  • キーワードに対する視点
  • 内部リンク

キーワードに対する視点は、読者のニーズが分かります。

ニーズが高いから上位表示されているわけですから、同じキーワードでもニーズから外れた内容では評価されません。

具体例を挙げると「ハッピーメール 業者」で検索すると、上位の記事は「業者の見分け方」に関する記事(赤色の部分)が多いのが分かります。

ハッピーメール業者の検索結果

このような状況で、業者の種類に関す記事を書いても上位表示は難しいということです。

内部リンクは読者をどのようにサイト内を巡回させているかが分かります。

特に、LPへの導線に注目してください。

ほとんどの場合は、記事内の先頭か最後でLPへの導線が設置されているはずです。

月3万達成すると、月10万はすぐに見えます

月3万達成すると、月10万はすぐに見えます

「アクセスの多い記事の視点を変えた記事の量産」と「上位表示しているライバルサイトの記事を分析しニーズを知る」の2つを繰り返し継続すると、やがて月3万円を稼ぐことができます。

あくまでも私の場合ですが、記事数と期間の目安は以下のとおりです。

  • 記事数:80記事以上
  • 期間:6ヶ月以上

期間よりも記事数のほうが重要で、例えば、3ヶ月で80記事以上書けるならもう少し早い時点で3万円の収入を得ることができるはずです。

とはいえ、最近のGoogleは評価してくれるまでの期間が長くなりました。

キーワードによっては、1年以上経過しないと評価されない場合も珍しくありません。

3万円の収入を得られる頃になると、以下の2つのパターンに分かれます。

  • パターン①:記事作成のペースを落とすか止めてしまう人 → 収益は伸びず、やがて順位も下がりそれに比例して収入も減る。
  • パターン②:記事作成のペースを維持するか加速する人 → 月3万円に到達する期間よりも短い期間で月10万円を達成できる。

この通りでして、パターン①の人はある程度満足してか、あるいは、記事作成が辛くなり作業を停滞させてしまいます。

私がこのパターンでした。

5年ほど放置してしまい、10万の壁をなかなか越えることができませんでした。

今考えると、非常にもったいないことしたと思います。

パターン②の人は不安を抱えながらも継続できた人で、やり方は間違ってない人です。

月3万稼げる自分なりのノウハウが蓄積している状態ですから、それを継続すれば10万の壁は比較的すぐに超えることができます。

しかし、99%の人は月3万を達成する前に挫折してあきらめてしまいます。

月30万を目指すならセールスライティングと継続が必須

月30万を目指すならセールスライティングと継続が必須

月10万が達成できたら、次に目指すのが月30万の壁です。

この壁を乗り越えるためには以下が必要です。

  • セールスライティング
  • ひたすら継続

セールスライティングは1記事から発生する収入を増幅してくれる力を持っています。

読者の心理を理解して、悩みを解決しつつ行動する理由を与えてあげることで出会い系サイトやマッチングアプリへの登録が増えます。

このように、セールスライティングで記事を書けるようになると、文章で人を動かすことができるようになります。

詳しくは以下の「セールスライティングは出会い系アフィリエイトで稼ぐための最強の武器」を参照ください。

セールスライティングは出会い系アフィリエイトで稼ぐための最強の武器
出会い系アフィリエイトで収入を増やしたい人 出会い系アフィリエイトを始めて少しだけ収入が得られるようになりました。さらに収入アップするためにセールスライティングを学びたいです。セールスライティングは本当に収入アップ...

ひたすら継続するのは説明するまでもありませんが、良質な記事を書き続けることは必須条件です。

アフィリエイトは楽して儲かるというイメージがいまだにネット上に溢れています。

それはまったくのウソで、圧倒的な作業が必要です。

初報酬が発生するまでは辛くて仕方ありませんが、ひたすら継続してください。

2010年代後半から出会い系アフィリエイトが難しくなった話

2010年代後半から出会い系アフィリエイトが難しくなった話

この記事を書いている2019年時点で、出会い系アフィリエイトで稼ぐのは決して簡単ではありません。

理由は以下のとおりです。

  • 理由①:Googleアルゴリズムの高度化
  • 理由②:企業の参入

それぞれ説明します。

理由①:Googleアルゴリズムの高度化

ここ数年でGoogleは評価アルゴリズムを圧倒的に進化させたと感じます。

外部リンクの効果は薄れ、コンテンツ重視であることがはっきりしています。

それまでのSEO業者は被リンクを増やすことで検索上位にする手法でしたが、ことごとくそれが効かなくなっています。

最近はコンテンツSEO、つまり、記事の内容でとことん読者を満足させる施策へとシフトしています。

このため、力のないSEO業者は淘汰されつつあります。

理由②:企業の参入

他のジャンルに比べると、出会い系アフィリエイトへ参入する企業は少ないほうです。

とはいえ、最近の検索結果を見ると、Webメディア企業のサイトが上位を占める割合が多くなりました。

企業はマンパワーであっと言う間に記事を量産しサイトの評価を高めることができます。

これに個人が真っ向勝負しても勝ち目はありません。

とはいえ、出会い系アフィリエイトはまだまだ個人で戦えます

とはいえ、出会い系アフィリエイトはまだまだ個人で戦えます

Googleアルゴリズムの高度化は、本来あるべき姿に近づいているだけですから個人でも歓迎すべきことです。

苦しむのはブラックSEOですが、現時点でブラックSEOが無力なわけではありません。

しかし、数年後を考えると厳しい状況であると言わざるを得ません。

企業の参入は、今後も増えると思われます。

個人で戦っていくヒントはコンテンツ勝負しかありません。

企業サイトはプロライターが記事を書いていますから、文章は上手かもしれませんが、ほとんどの場合、出会い系サイトを使い倒しているライターではないため、本質が語られていない場合が多いです。

このライターは本当に出会い系を利用しているのか?と思わせるような内容の薄い記事は意外に多いものです。

やがて、読者はそれに気付き、また、Googleもさらにコンテンツを重視するようになれば個人でも十分に戦えるはずです。

といわけで、今回は以上ですが、最初はいろいろと不安で、記事を読み漁ったり、Webマーケティングやライティングの勉強をしたりすると思いますが、勉強だけでは1円も稼げません。

稼いでいる人は、勉強はそこそこで、圧倒的な作業をしています。

良くも悪くもアフィリエイトは、知識よりも作業量でカバーできてしまう現実があります。

特に初期段階はこの傾向が顕著でして、あなたも勉強はそこそこにして作業を始めてください。