出会い系アフィリエイトで稼ぎたいなら「欲望」を刺激する【欲望操作】

出会い系アフィリエイトで稼ぎたいなら「欲望」を刺激する【欲望操作】 知識

出会い系アフィリエイトで稼ぎたい人

出会い系アフィリエイトで成功するためのポイントはありますか?コツコツと記事を書いてますが登録率を高めるための施策が知りたいです。

このような疑問にお答えします。

私は2000年前半から出会い系と出会い系アフィリエイトを始めて、月平均10~20万程度をコンスタントに稼ぐサラリーマン副業アフィリエイターです。

MAX時は本業の月収を超えたこともあります。

ブログやサイトで構成する出会い系アフィリエイトはコンテンツ(記事)が全てです。

あなたの書いた記事の良し悪しで登録率は大きく異なります。

情報量も重要ですが、各記事のクオリティも重要なのはいうまでもありません。

あなたも経験あると思いますが、スラスラ読み進めてしまう記事と、冒頭の数行を読んで戻るボタンを押してしまう記事がありますよね?

ほとんどは、戻るボタンを押すパターンだと思いますが...

最後まで読み切った記事は、何かしらあなたの感情に変化があったはずです。

「楽しかった、激しく同意、そんなわけない」などなど。

読者の感情を動かすことは、アフィリエイトでは非常に重要でして、そのような記事をあなたも書く必要があります。

感情を動かして登録してもらうための記事の書き方を説明します。

「欲望」に働きかけるのが重要です

「欲望」に働きかけるのが重要です

人が行動するモチベーションは以下です。

  • モチベーション①:快楽を得たいとき
  • モチベーション②:苦痛を避けたいとき

快楽を得たいときに行動するのはあなた自身も日々行動しているので分かりやすいと思います。

苦痛を避けたいときの行動とは、例えば、仕事で明日までに資料を整理して提出しないと上司に怒られるから資料をまとめる...こんな感じです。

上司に怒られる苦痛を避けるために行動するってことですね。

快楽を得ることは、つまり、欲望を満たすことに他なりません。

誰でも持っている普遍的な欲望としては以下が挙げられます。

  • 欲望①:お金(たくさんお金が欲しい)
  • 欲望②:性欲(恋愛したい、結婚したい、セックスしたい)
  • 欲望③:食欲(お腹空いたからご飯食べたい)

この中で性欲(恋愛したい、結婚したい、セックスしたい)が出会い系やマッチングアプリに登録する大きなモチベーションとなります。

読者は出会い系に登録するのが目的ではなく、性欲を満たすために登録するのです。

繰り返しですが、出会い系やマッチングアプリの利用はただの手段にすぎません。

婚活パーティーでもいいですし、合コンでもいいわけです。

これを理解して記事を書かないと読者の欲望に働きかけることはできません。

この記事を読んでいるあなたの欲望は何ですか?

あなたが出会い系アフィリエイトを始める、あるいは、続ける理由は何でしょう?

ズバリ、お金を稼ぎたいからですよね?

私のサイトでは、そのための手段を提供していると同時に、この先サラリーマン収入とは別の収入ができた時のあなたの状態も説明しているつもりです。

とはいえ、このサイトからのアフィリエイト収入はさほど期待してないので、割合的にはノウハウ情報の方が大きいです。

圧倒的にノウハウを提供して貸しを作る

代表的なのが接待です。

サラリーマンのあなたならやっているはずです。

会社において営業のための接待なんて当たり前のようにしていますが、効果があるから昔から続いているのです。

まぁ、行き過ぎると癒着し贈収賄なんてこともありますが、時々世間を賑わせます。

いいたいのは、相手に事前に与えて貸しを作ると、借りた相手は返そうという心理が働くということです。

私のこのサイトを通して、出会い系アフィリエイトしたい人に向けたくさん情報提供しているつもりです。

これにより、読者のあなたにある種の「貸し」を作っている感じですかね?

だから、いろいろ登録してください...なんて大きな声では言いませんから安心してください 笑

出会い系サイトに登録した後の未来を提示する

出会い系サイトに登録した後の未来を提示する

人は欲望に働きかけると行動するという説明をしました。

では、出会い系アフィリエイトにおいて読者の欲望を刺激するポイントを紹介します。

  • ポイント①:特徴やレビュー記事だけでは足りない
  • ポイント②:利用後の未来を訴求する
  • ポイント③:たくさん与えて貸しを作る

それぞれ説明します。

ポイント①:特徴やレビュー記事だけでは足りない

特徴やレビューは鉄板記事ですから、ほとんどの出会い系アフィリエイトサイトで書かれています。

もちろん、これらの情報を読者は求めています。

しかし、あまりにも情報が多すぎ、しかも差異化が難しい情報ですから読者はすでに知っていることも多いはずです。

これでは、読者の欲望に働きかけることはできません。

できるだけ独自性を出すのがポイントですが簡単ではありません。

以下は、独自性コンテンツに関する記事です。

参考にどうぞ。

ポイント②:利用後の未来を訴求する

これが一番重要です。

この出会い系に登録することでどのような未来が待っているのかを訴求します。

人は未来の自分の状態に対して対価を払います。

別の例を挙げると、コンビニや自販でコーラは100円ちょっとで売ってますが、高級ホテルのバーでは1000円で売っています。

同じコーラですが、高級ホテルのバーでは1000円でも売れます。

なぜなら、コーラ自体の対価ではなく、その場の雰囲気やスタッフの対応など、コーラ以外の満足感に対して1000円の価値を感じるからです。

このあたりの話は以下の本を読むと勉強になります。

100円のコーラを1000円で売る方法

出会い系も同じでして、ユーザーは機能やサービスに対価を払うのではなく、利用した結果欲望を満たせることに対価を払います。

ですから、出会い系やマッチングアプリを利用した結果、読者の未来がどうなるのかを訴求することで欲望を刺激することができます。

ポイント③:たくさん与えて貸しを作る

先に説明した繰り返しとなりますが、読者には圧倒的な情報を提供してください。

アフィリエイト目的であることは読者は百も承知で、中にはクリックを避けて直接公式サイトにアクセスして登録する人だっています。

しかし、とにかく読者視点で無条件で有用な情報をひたすら提供し続けることで「まぁ、この人のサイトから登録してもいいか...」となるわけです。

ある意味、あなたのサイトの信頼を増し、ファンになってもらうイメージです。

まずは読者の課題を整理します

まずは読者の課題を整理します

読者が出会い系やマッチングアプリを利用した未来を訴求することが大切だと説明しました。

しかし、あなたのサイトを訪れる読者は明確な課題や悩みを意識しているとは限りません。

暇つぶしで何となくアクセスしている人も多いですから、そんな人にいきなり登録後の未来を話をしても「はぁ?」となります。

なので、読者のモチベーションを自然な形で高めつつ欲望に働きかけることが重要です。

ざっくりいうと以下のステップで説明します。

  • ステップ①:課題や悩みの整理
  • ステップ②:解決手段の提示(出会い系の紹介)
  • ステップ③:利用後の状態を訴求

ステップ②と③は先に説明した通りです。

ここでは、ステップ①を説明します。

読者の課題や悩みは以下を提示します。

  • 課題①:彼女を作りたい
  • 課題②:結婚したい
  • 課題③:セックスしたい
  • 課題④:不倫したい

男性は(女性も)慢性的にこれらの欲望はありますから、潜在的に持っている課題を明確化することから始めます。

冒頭でこれらの提示がると、読者は「いわれてみれば確かにそうだよなぁ...」と認識するようになります。

  • たしかに、ここ数年彼女がいないからそろそろほしいよなぁ
  • たしかに、もういい歳だから結婚を真剣に考えないとなぁ
  • たしかに、たまには他の女性ともセックスしてみたいよなぁ
  • たしかに、奥さんがセックスを拒絶するから辛いよなぁ

こんな感じです。

課題や悩みを整理して提示することで読者が上記のような感情を抱きます。

その状態で、ステップ②:解決手段の提示、ステップ③:利用後の状態を訴求のステップを踏むと読者の欲望に働きかけることができます。

最初はマネすることで効率アップできます

最初はマネすることで効率アップできます

読者の欲望に働きかけることの説明をしましたが、最初からそのような記事をスラスラと書くのは難しいと思います。

テクニカルな部分が不足していることも理由ですが、大きな原因ではありません。

支配的なのは経験です。

記事は書けば書くほどクオリティが高まります。

トレーニングと同じようなものです。

トレーニングをより効率的に行うには自己流ではなく、成功者のマネをすることが一番です。

既に稼いでいる人のサイトは、読者の欲望を動かす記事や構成が秀逸です。

詳しくは以下の「【成功者から学ぶ】出会い系アフィリエイトの成功例」を参照ください。

【成功者から学ぶ】出会い系アフィリエイトの成功例
出会い系アフィリエイトで稼ぎたい人 出会い系アフィリエイトを始めたいけど、参考になるサイトを知りたいです。成功例をマネるのが最短で稼げる方法だと思うんですけど...間違ってますか? このような疑問にお答えします。 ...

今回は以上となります。